性病予防を心掛けていても予防しきれないのが性病です。早期発見は治療も簡単なので、疑いがある場合はすぐに確認しましょう。

悩んでいる女の人

基本的に性病は性器周辺に感染することが多いです。
あるいは、性器周辺の皮膚、口などにしこりとなって梅毒などもありますが、ほとんどの場合が男性であれば亀頭周辺、女性の場合は陰部周辺に症状が出ることが多いとされています。
しかし、例外的に性器周辺以外にも感染する性病があります。
クラミジアと淋菌による淋病は、のどにも感染するのです。
ただ、本来ならセックスで感染するはずの性病がどうしてのどに感染するのか疑問に思われる人もいるかもしれません。

なぜなら、クラミジアや淋病はオーラルセックスの身でも感染するからです。
性行為を行わない性風俗のサービスには、オーラルセックスによってお客さんを楽しませるサービスが流通しています。
そこで働く女性従業員がクラミジアや淋病に感染している人をオーラルセックスでサービスを行った場合、その従業員の女性ののどに感染することがあるのです。
そのため、たとえ性行為を行わなくてもオーラルセックスによる性風俗に通っている人であればクラミジアや淋病に感染するリスクは高いのです。

また、性風俗には通っているけど性行為を行っていないんだから性病にはかかっていないと高をくくってパートナーと性行為を行ってしまうと、今度はパートナーに感染させてしまう恐れがあります。
自分は症状が出ていなくても、パートナーに症状が出たことで性風俗通いが発覚してしまうということもあるので注意が必要といえるでしょう。
もし、自分が性風俗で性病に感染してしまい、パートナーにも感染させてしまったとしたら一緒に治療を行っていくのが望ましいといえます。
もし風俗通いがパートナーにばれてしまったら素直に謝って二人で仲良く治療を行うようにするのが良いでしょう。

もしくは通販でディバインのような薬を購入する事も可能です。
ネットで簡単に購入でき、ディバインで菌をせん滅する事で治療もできるので、病院に行くよりも手軽かもしれません。

記事一覧
悲しい男

性器やその周辺に異変が見られた場合に、心当たりのあるような性行為が思いついたときには性病をうつされて...

心配する女の人

日本の性病患者は増えており、その要因は女子高生にあります。 女子高生の性病感染率は、約30%という驚...

落ち込んでいる女性

イギリスのロンドンに在住する、三人の学生が性病に感染した男性が性器に着ける事で性病に反応して、グリー...

悩む女性

性感染症は、性行為によって感染する病気のことを言いますが、症状を感じることがないものもあり知らないま...

落ち込む男性

性病を予防するには、性行為をしないことが挙げられます。 しかし人間は子孫を繁栄させるために本能的に性...