性病予防を心掛けていても予防しきれないのが性病です。早期発見は治療も簡単なので、疑いがある場合はすぐに確認しましょう。

  • ホーム
  • 性病に反応するコンドームの研究成果

性病に反応するコンドームの研究成果

落ち込んでいる女性

イギリスのロンドンに在住する、三人の学生が性病に感染した男性が性器に着ける事で性病に反応して、グリーンやイエロー、ブルーに発光するコンドーム「スマートコンドーム」を発明しました。
彼らはまだ13歳~14歳というから驚きです。
そしてそれぞれティーンテックアワード健康部門の最高賞を受賞し、ロンドンにあるバッキンガム宮殿で千ポンドの賞金を授与されました。
この「ティーンテックアワード」とは、ティーンエイジャーの研究などで、画期的な成果上げたものにあたえたれるものです。

このコンドームですが、発光する色はたとえば、クラミジアならグリーン、ヘルペスならイエロー、梅毒ならブルーなど性病の種類によって違うというところも、大変に画期的なことであるといえます。
これは性感染症がイギリスでは大きな社会問題とまでなっていますので、今後この性感染症対策に大きな役割を果たすのは間違いなさそうです。
しかしながら、課題や問題もまったくないとはいえません。

それは、このスマートコンドームは男性側のみ性病に感染しているかどうかの判定しかできず、女性側の判定はできないというデメリットもあります。
なので、スマートコンドームによる完全な性病撲滅というのは、難しいというわけです。
ですが今、世界で性病は1日約百万人もの感染者が出るといわれていますので、その中のかなりのパーセンテージの性病は未然に防ぐことは期待できそうです。
まだ試作段階なので、しばらくかかりそうですがこのスマートコンドームの市場での商品化も進めているため、近い将来市場に出回ることになるでしょう。

関連記事
人気記事一覧